【完全版】リーダーに選ばれる人と選ばれない人の4つの特徴差とは?

About Author
広告20200531




リーダーに選ばれる人の特徴

この記事を読むべき人

・リーダーに選ばれたい人。

・なぜかリーダーに選ばれてしまい、その理由を知りたい人。

・いずれリーダーになりたい人。

・なかなかリーダーになれない人。

この記事を読むメリット

・リーダーに選ばれる人の特徴が分かる。

・リーダーに選ばれる方法が分かる。

・真のリーダーになるための具体的な方法が分かる。

「俺はリーダーやりたいのに、なんで俺を選んでくれないんだ!?リーダーに選ばれる人の特徴って何なんだ!?」

「唐突にリーダーに選ばれてしまった。もっと優秀な人がいるのに、なんで私が!?」

このように、リーダーに選ばれる人と選ばれない人の差で悩む人は多いでしょう。

リーダーに選ばれる人とそうでない人の特徴ってどこに差があるのでしょうか?

そこで本記事では、リーダーに選ばれる人と選ばれない人の特徴の差を徹底的に解説していきます。

ぜひ参考にしてください。

あなたの時間を、3~5分だけ下さい!あなたが抱える悩みを解決するヒントが得られると信じています!

リーダーに選ばれる人と選ばれない人の4つの特徴の差とは?

それでは、リーダーに選ばれる人と選ばれない人の4つの特徴の差について解説していきます。

①上司や職場が求めるリーダーシップを発揮している

リーダーが果たすべき仕事とは何でしょうか?

リーダーが果たすべき最大の仕事は、チームを最大限に機能させ、成果を挙げさせることです。

それでは、チームを最大限に機能させるというのはどういうことでしょうか?

そしてその実現のためのリーダーのあり方や役目とは何でしょうか?

その答えは下記の通りです。

リーダーのあり方や求められる役目は、職場によって異なる。

ということです。

リーダーに選ばれる人は、上司や職場の状況をしっかりと見定め、分析しています。

たとえば、

リーダーに選ばれる人の分析思考

「今この職場には、人を巻き込んで仕事ができる人材が少ない。それなら、人を巻き込んで仕事がしやすい雰囲気を作っていこう!」

「最近活気が無くて職場が暗いな。うちの部署は社外の人とコミュニケーションを取ることが多いし、活気は絶対に必要だから、朝のあいさつから徹底するようにみんなに呼びかけていこう!」

このように、周りが求めている役割を自分で判断できる人が、リーダーに選ばれる人です。

しかし、誰もが周りを見定めて、必要な役目に気付ける訳ではありません。

そういう人がリーダーに選ばれるには、

上司やチームメンバー、部下と話し合って、求められる役割を知る。

そして自分が求められる役割を果たしていく。

ということを実行すれば良いでしょう。

結論①!リーダーに選ばれる人は、上司や職場が求めるリーダーシップを発揮している!

※上司やチームメンバー、部下と話し合って、求められる役割を擦り合わせる方法については、下記の記事にて詳細にまとめていますので、ぜひ参考にしてください。

②周りからの信頼が厚い

本ブログで再三に渡ってお伝えしていますが、とにかくリーダーはチームメンバーや部下から信頼を得ることが大切です。

リーダーの最重要課題は、部下からの信頼を集めることである。

なんてことを謳っているビジネス書もわんさかありますし、この点に関しては多くのリーダーの方々は同意するのではないでしょうか。

信頼無くして最高のチームはできませんし、最高の成果を挙げることもできません。

結論②!リーダーに選ばれる人は、周りからの信頼が厚い!

※信頼されるリーダーになるには、ザイオンス効果が非常に効果的です。ザイオンス効果を活用して周りからの信頼を得る方法については、下記の記事にて詳細にまとめていますので、ぜひ参考にしてください。

③リーダーの器になる50の項目を多く満たしている

上司や職場によって求められるリーダーシップが変わることは先ほどお伝えしました。

しかし、リーダーの器としてふさわしい人間性には、ある程度の傾向があります。

そこで下記の記事にて、リーダーの器としてふさわしい人間性を50項目まとめていますので、ぜひ参考にしてください。

もちろん、この50項目全てを兼ね備えた超人は、この世にはいないでしょう。

出来る限り多くの項目を満たしている人が、リーダーに選ばれやすい人だと言えます。

結論③!リーダーに選ばれる人は、リーダーの器になる50の項目を多く満たしている!

④最近の若手社員に対する理解が深い

物や娯楽が少なかった一昔前の世代と、満たされた時代に育った世代の社員は、大きく特徴が異なっています。

仕事に対する姿勢から、性格、モチベーションなど、ありとあらゆる部分で異なります。

リーダーは、いかにチームメンバーや部下について知ることができるかによって、挙げられる成果が変わってきます。

なので、最近の若手社員に対する理解が深いか否かで、リーダーとしてチームを運営した時の成果に大きな差が生まれます。

よって、リーダーに選ばれる人は若手社員に対する理解があり、逆に若手社員に対する理解が無い人はリーダーには選ばれにくいです。

最近の若手社員の特徴を下記しておきます。

①チャレンジ精神が低い

②成功の経験が少ない

③Face to Faceが苦手

④本音で話せない

⑤仕事とプライベートは分けたい

⑥競争したくない

⑦答えは1つしかないと思い込んでいる

⑧憧れや目標とする人がいない

⑨ストレスを上手く解消できない

⑩メンタルが弱い

引用元:令和時代のリーダーの最重要課題!若手社員の10の特徴を知ること!

詳細については、下記の記事にまとめていますので、ぜひ参考にしてください。

サンプル

結論④!リーダーに選ばれる人は、最近の若手社員に対する理解が深い!

以上の通り、リーダーに選ばれる人と選ばれない人の差は、仕事が出来るか出来ないかよりも、⇧の4点の差であることが多いです。

「なぜ私がリーダーに選ばれたの?」と疑問に思うあなたへ

※リーダーに選ばれない人は、この項目を飛ばして次の項目に進んでOKです。

「仕事はあいつの方ができるのに、なんで私がリーダーに選ばれたんだ!?」

と疑問に思うあなたへ。

リーダーに選ばれるか選ばれないかは、仕事が出来る出来ないよりも、上記4項目が重要です。

あなたはその4項目を職場の誰よりも満たしていたから、リーダーに選ばれたのでしょう。

「リーダーの素質があったって、仕事が出来ないからリーダーなんて無理だよ…。」

「リーダーなんてやりたくないよ!」

という方は、下記の記事を読むことをおすすめします。

リーダーに選ばれたプレッシャーで悩むあなたに、多くのヒントが隠されています。

【保存版】リーダーをやりたくない人の6の対処法!なりたくない理由とは?

あなたがリーダーに選ばれる理由は、必ずあります。大丈夫、リーダーバイブルを読んだあなたなら、必ずリーダーとして活躍できます!

「リーダーに選ばれるために具体的に何をすればいいの?」と悩むあなたへ

※リーダーに選ばれる方は、この項目は飛ばして次の項目に進んでOKです。

「私がリーダーに選ばれない理由は分かった!けど、どうすればリーダーに選ばれる人になれるの?」

という疑問を持つ人もいるでしょう。

その答えは、

リーダーバイブル(本ブログ)の記事をしっかり読むこと

これに尽きます。

リーダーバイブルでは、どこかの社長が書いたような現実離れしたリーダーシップではなく、より実用的なリーダーシップ論や、これから活躍できる人材になる方法が手に取るように分かります。

どうか、まずはリーダーバイブルをしっかりと読み尽くして下さい。

そして、

・より実用的なリーダーシップを知る

・リーダーに必要な能力や、力の付け方を学ぶ

・自分なりの理想のリーダー像を持つ

この3点を達成できた時、あなたはリーダーに選ばれる人に進化することが出来ます。

以上より、リーダーに選ばれない人は、まずはリーダーバイブルを読んでください。

※リーダーの導入編として、まずは下記の記事をおすすめします。

【リーダーの心構え】LEADERの文字で覚える6つのリーダー心得

無料でここまで実用的なリーダーシップ論やビジネススキルについて学べるのは、リーダーバイブルぐらいかと!(タブンネ!)

リーダーに選ばれると大きく成長できる!リーダーに選ばれる人になろう!

リーダーとして経験を積むことは、あなたを大きく成長させてくれます。

リーダーの経験は、どんな経験にも代えがたい貴重なものです。

リーダーに選ばれた人は、どうかリーダーの経験を大切にして下さい。

リーダーに選ばれない人は、どうかリーダーに選ばれる人になって下さい。

あなたのリーダーに関する悩みが解決することを願っております!さあ、がんばっていきましょう!

※本記事をブックマークし、ぜひ定期的に振り返って下さい。何度も読み返すことで必ずあなたの仕事力向上の手助けになれると確信しています。ブックマークをおすすめします。

※本記事が少しでもあなたのお役に立てたなら、下記のシェアボタンで、ぜひ本記事をみんなにもシェアしてあげてください。

ー以上ー

サンプル

この記事が役に立ったら
【👆のSNSボタンでシェア】
してくれると嬉しいです。

サンプル

👆私の人生経験で得られた有益な情報をギュギュッと濃縮してメルマガにしました。ぜひワクワクしながら読んでくださいね♪