【臨機応変に対応できない人に捧ぐ】臨機応変力を高める10の極意とは?

About Author

「臨機応変に対応できない!どうすれば対応できる人になれる?」
 
「臨機応変に対応できる力を磨くための具体的な方法を知りたい!」

このように、臨機応変に対応できるようになりたいと考える人は多いでしょう。

突発的な業務がやってきても、想定外の事態が起こっても、パニックにならずにスマートに対応できる人って、かっこいいですもんね!

そこで本記事では、臨機応変に対応できる力を磨くための具体的な方法について解説していきます。

本記事をきっかけに、今日からあなたの臨機応変力は高まっていきます!

ワクワクしながら読み進めて下さいね!

臨機応変に対応できない人が臨機応変力を高める10の極意とは?

それでは、臨機応変に対応できない人が臨機応変力を高める10の極意について解説していきます。

①思考停止阻止力を身に付ける

思考停止しないように、思考停止阻止力を身に付けましょう。

なぜなら、何かイレギュラーなことが起きた時に臨機応変に対応できないのは、思考停止してしまうことが要因だからです。

想定外のことが起きた時にパニックになって思考停止してしまうと、臨機応変な対応は不可能です。

それでは、思考停止しないように思考停止阻止力を身に付けるにはどうすればいいのでしょうか?

そのための10個の方法を下記します。

対策①結論ありきで考えない
 
対策②新しい情報やデータを軽視しない
 
対策③新しいものを重視し過ぎる
 
対策④古い慣習に縛られる
 
対策⑤経験やカンコツに依存しすぎる
 
対策⑥自責で考える
 
対策⑦希望的観測で考える
 
対策⑧自分の記憶を頼りにしない
 
対策⑨時にはネガティブな思考を持つ
 
対策⑩運のせいにしない

引用元:【完全保存版】思い込み対策10選!仕事で思考停止を改善する思考法

思考停止しない方法については、下記の記事にて詳細にまとめていますのでぜひ参考にして下さい。

【完全保存版】思い込み対策10選!仕事で思考停止を改善する思考法

②すぐに振り返らない

すぐに振り返らないようにしましょう。

なぜなら、過去の決断について振り返りながら、新たな別のことを考えることは困難だからです。

臨機応変に対応できない人は、一つひとつの決断に対して

「こっちで正解だったのかな?」

「やっぱあっちを選んだ方が良かったかな?」

と、すぐに自分の決断を振り返っては、うじうじと考えてしまいます。

他の事に気を取られていては、目の前のタスクに臨機応変に対応できないのは当然でしょう。

一度決めたのであれば、自分の決断を疑うのではなく、自分の決断が正解になるように努力すべきです。

もし自分が決めた決断について振り返るなら、その時は落ち着いた状況になってからにしましょう。

以上より、臨機応変に対応できない人は、過去を振り返らず目の前のことに集中するようにしましょう。

③トライアルアンドエラー力を高める

トライアルアンドエラーとは、試行錯誤することです。

ぜひトライアルアンドエラー力を高めることをおすすめします。

なぜなら、トライアルアンドエラー力を身に付けることで、臨機応変に対応できる力が培われるからです。

トライアルアンドエラー力を身に付けるということは、失敗する度に学びを得て、次に活かせる力が高まるということです。

つまり、臨機応変に対応できなかった経験を活かし、次回は臨機応変に対応できるように正しき努力が出来るようになるということです。

では、どうすればトライアルアンドエラー力を高めることができるのでしょうか?

そのための10の秘技について下記しておきます。

①フィードバックはすぐに行う
 
②仮説を立ててからトライする
 
③可能な限り数値化する
 
④常にポジティブに捉える
 
⑤自分のビジョンを常に胸に秘める
 
⑥走りながら振り返る
 
⑦個人ではなくチーム全体でトライアンドエラーを進める
 
⑧小さな成功体験を積み重ねる
 
⑨上司やリーダーが共に振り返る
 
⑩反省点はチームでシェアする

引用元:トライアンドエラーを超効率化する10の秘技!日常を劇的に変えろ!

トライアルアンドエラー力を伸ばす具体的な方法については、下記の記事にて詳細にまとめていますのでぜひ参考にして下さい。

トライアンドエラーを超効率化する10の秘技!日常を劇的に変えろ!

④経験を積み、基礎知識を身に付ける

経験を積み、基礎知識を身に付けましょう。

なぜなら、経験と基礎知識がないと、そもそも臨機応変に対応することなど不可能だからです。

たとえば、サッカーで対戦相手が予期せぬ戦術を試みてきたときに、サッカー未経験者が臨機応変に対応することができると思いますか?

答えは「不可」でしょう。

よほどの天才か運がないと、経験と基礎知識無しで臨機応変に対応することはできません。

よって、臨機応変に対応できないと悩む前に、まずはあなた自身がその仕事における経験と基礎知識を十分に有しているかについて考えましょう。

必要な経験や知識が無いのであれば、地道に積み上げていくしかないでしょう。

⑤課題を全て書きだし、優先順位を付ける

課題を全て書きだし、優先順位を付けましょう。

なぜなら、臨機応変に対応するには、何が課題かを明確にしないと対応できるわけがないからです。

しかも、課題は一つひとつしか対応できないので、優先順位を決める必要があるからです。

たとえば、納期が今日の仕事が3つあるのに、さらに突発的にクレームが入ってすぐに対応しないといけなくなったとします。

まずやるべきは、仕事を全て書きだします。

そして、それぞれの仕事に対して「緊急度」と「重要度」の2つの視点からランク付けを行ってください。

今回の例の場合は、全て今日が納期なので、いずれも緊急度が高いように思えますが、

「本当に今日中に完成する必要があるのか?」

「納期を伸ばせないか?」

という思考を持ちましょう。

今回の場合、一つの仕事のみ納期を伸ばせるとします。

この緊急度と重要度によってランク付けした結果の例を下記します。

仕事 緊急度 重要度
仕事A
仕事B
仕事C
クレームA

この結果より、今回の場合は「クレーム対応」が最も優先すべきことと判断できます。

続いて、緊急度が高く重要度もそこそこ高い「仕事B」、その後に「仕事A」となります。

最後に、重要度は高いが緊急度はそこまで高くない「仕事C」という優先順位が決まります。

今回の例のように、仕事が次々と入って臨機応変に対応できなくなってしまった時は、一度課題を全て書きだし、優先順位を付けましょう。

この時最もやってはいけないのは、

「考える時間がもったいないから、とにかく手を動かそう!」

という判断です。

これこそまさに思考停止です。

⑥報連相を今一度理解し直す

報連相を今一度理解し直すようにしましょう。

なぜなら、報連相ほど、重要なのにちゃんと理解できている人が少ないことは無いからです。

「いやいや、報連相ぐらい知っているよ。報告・連絡・相談でしょ。」

という人ほど、報連相について再度考えてみるべきです。

報連相について、

「あなたの職場における報連相の適切な順番とは?その理由は?」

「報連相について、あなたと職場は共通認識を持つことができていますか?」

この2つの理由について明確に答えられない人は、下記の記事を読んでみて下さい。

【報連相を理解していない人多すぎ】リーダーに必要な最低条件とは?

報連相について理解を深めることができれば、上司やリーダーのサポートを最大限に受けることができますので、臨機応変に対応できるようになります。

⑦周りを上手く巻き込む

周りを上手く巻き込みましょう。

なぜなら、臨機応変に対応できない人は、全て自分でやらないといけないと思い込んでパニックになって失敗している可能性があるからです。

臨機応変に対応できない時は、何も無理して自分一人で解決する必要はありません。

素直に降参して周りに助けを求めましょう。

そのためにチームがあるので。

助け合わないチームなど、チームではありません。

またチームが手一杯でサポートしてくれない時は、関連部署を巻き込みましょう。

とにかく、自分一人では臨機応変に対応できない時もあります。

「周りに助けを求めていいんだ!」

「周りを上手く巻き込めば何とかなるかも!」

という思考を頭に入れておきましょう。

⑧完璧主義をやめる

完璧主義をやめましょう。

なぜなら、完璧とは周りの環境によって左右されるからです。

「もっと臨機応変に対応できないのかなー?」

このように上司やリーダーに言われてしまう人は、頑なに自分の中の完璧を追い求めてしまう傾向にあります。

この激変の時代では、完璧な姿というのは常に変動していきます。

スマホなどのアプリをイメージすれば分かりやすいでしょう。

最初にアプリがリリースされてから、何度も何度もアップデートを繰り返していますよね?

あれは、ユーザーや世の中の移り変わりに適応させるためです。

つまり、その都度完璧な姿を追いかけまわすためにアップデートされているんですね。

(もちろん、他の理由もたくさんあるのですが。)

激変の時代では、完璧な姿というのは絶えず移り変わっていきます。

よって、自分の中の完璧のイメージにこだわりすぎず、

「完璧な姿は常に変わっていくからその都度対応しよう!」

という思考を取り入れることで、臨機応変に対応できる脳の準備ができます。

⑨想定外を無くす (減らす)

想定外を無くしましょう。

なぜなら、そもそも想定外の事態が発生しなければ、臨機応変に対応する必要が無いからです。

「想定外でした!」

という言い訳は、

「私は予測能力がありません!」

「想定することを怠けていました!」

と言っているのと同じです。

(もちろん、予想しようがないようなことも多くありますが。)

下準備の段階で、

・本当に抜け漏れがないか?と今一度考える

・上司やリーダーに一緒に考えてもらう

・打ち合わせを開催し、関係者の意見を聞く

など思考を巡らせたりアクションを起こして、想定外を無くす努力をしましょう。

⑩マルチタスクをやめる

マルチタスクは絶対にやめましょう。

なぜなら、そもそも人間の脳はマルチタスクができるようになっていないからです。

仕事が積み重なってくると、

「あの件、どうしよう?あぁあれもやらなくちゃな!」

と、一度に複数の案件について考える人も多いでしょう。

一見すると、マルチタスクは効率的だと感じるかもしれませんが、実際は何も手についていないのと同じです。

多くの案件があっても、前述した通り優先順位をきっちりと決めて一つひとつ処理するようにしましょう。

複数案件を同時にこなす(マルチタスク) ≠ 臨機応変に対応できる

ですので、ここを勘違いしないように気を付けましょう。

臨機応変に対応できない人が臨機応変力を高める10の極意まとめ

それでは最後に、臨機応変に対応できない人が臨機応変力を高める10の極意をまとめておきます。

①思考停止阻止力を身に付ける
 
②すぐに振り返らない
 
③トライアルアンドエラー力を高める
 
④経験を積み、基礎知識を身に付ける
 
⑤課題を全て書きだし、優先順位を付ける
 
⑥報連相を今一度理解し直す
 
⑦周りを上手く巻き込む
 
⑧完璧主義をやめる
 
⑨想定外を無くす (減らす)
 
⑩マルチタスクをやめる

※本記事をブックマークし、ぜひ定期的に振り返って下さい。何度も読み返すことで必ずあなたの仕事力向上の手助けになれると確信しています。ブックマークをおすすめします。

※本記事が少しでもあなたのお役に立てたなら、下記のシェアボタンで、ぜひ本記事をみんなにもシェアしてあげてください。

ー以上ー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする