★イチオシ【今なら30日間無料】小説・自己啓発本が読み放題!Amazon kindle unlimited
公式はこちら!30日間無料で試してみる➡

トライアンドエラーを超効率化する10の秘技!日常を劇的に変えろ!

トライアルアンドエラーを効率化する

「トライアンドエラーが上手くいかない!トライアンドエラーが上手くいく方法を知りたい!」

 

「トライアンドエラーの効率的な方法を教えて欲しい!」

このように、トライアンドエラーが上手くいかずに悩む人は多いでしょう。

そこで本記事では、トライアンドエラーを成功させる具体的な方法を解説します。

 

誰でも分かるように簡潔に書いていますので、すぐに使える実用的な内容となっています!

 

あなたのトライアンドエラーが超効率化しますので、期待しながら読み進めてもらえればと思います!3~4分ほどお付き合いください!

 

 

あなたを一流ビジネスパーソンにする最強の学びのツール!

【私かつひろもがっつり学びました!!】

グロービス学び放題は、グロービスが提供する動画学習のサブスク(定額制サービス)です。

なんと最初の7日間は無料!

・ビジネスについて学べる動画が2700本、300コース見放題。

・あらゆる分野を網羅的に学べる。

・1動画3分のものもあり、いつでもどこでもスマホで気軽に学べる。

・月々の料金はビジネス書1冊程度と、安い(後述)。

あなたを一流ビジネスパーソンにする最強の学びのツールです!

トライアンドエラーとは?正しくはトライアルアンドエラーなの?

まあ細かい話なんですが、一応。

 

「トライアンドエラー(try and error)」

 

という言葉がよく使われますが、実はトライアンドエラーは和製英語なんです。

英語では

 

「トライアルアンドエラー(trial and error)」

 

と言われます。

つまり厳密に言うと

 

トライアンドエラーは間違いです。

 

しかし日本語ではトライアンドエラーがかなり浸透していますので、本記事では「トライアンドエラー」と呼称することにします。

 

さて、トライアンドエラーを直訳すると

 

試行錯誤

 

という意味になります。

試行錯誤をもっと明確に説明すると、行動した結果を振り返り、修正点や反省点を踏まえて次の行動に活かすことです。

 

トライアンドエラーをもっと平たく言うと「失敗を恐れず、失敗しても何度もチャレンジすること」という認識でオッケーです!

 

 

トライアンドエラーを超効率化する10の秘技とは?

それでは、トライアンドエラーを超効率化する10の秘技について解説します。

 

 

①フィードバックはすぐに行う

とにかくフィードバックはすぐに行うことが大切です。

トライした後、振り返るのがめんどくさくてそのまま次のトライを始める人が多いです。

しかしこれでは

 

トライアンドトライ

 

です。

単なる当てずっぽうで非効率なチャレンジを繰り返すだけで、ムダなトライが多くなってしまいます。

 

トライしたら、記憶が鮮明なうちにすぐにフィードバックを行うことが大切です!

 

トライアンドエラーは鮮度が大事!スピード感を強く意識しましょう!

 

 

②仮説を立ててからトライする

「これで解決できるかな?」

 

「この方法で儲けられるかな?」

 

このように、仮説を立ててからトライすることが大切です。

 

仮説を立てずに

「とりあえずやろう!」

という数打てば当たれ戦法では、運良く1回成功できたとしても、2回3回と成功を積み重ねることはできません。

 

再現性のない成功は、実力とは言えません。

 

よって、仮説を立ててからトライすることが大切です。

 

仮説⇒トライ⇒フィードバック⇒仮説⇒トライ⇒フィードバック・・・この繰り返しです!

 

 

③可能な限り数値化する

振り返るとき、可能な限り数値化することが大切です。

 

悪い例「○○対策をしたところ、不良率が下がった」

ではなく、

良い例「○○対策をしたところ、不良率が10%下がった。しかし目標は15%なので、さらなる対策が必要である。」

というように、数字化することが大切です。

 

数値化しないと、目標を達成できたのか否か分かりません。

またどれぐらい成功したのか失敗したのかも分からないので、トライの質も不明です。

 

よって、可能な限り数値化することが大切です。

 

あいまいなほど、トライアンドエラーの質は落ちますが、もちろん数値化はできる範囲でOKです!

 

 

④常にポジティブに捉える

常にポジティブに捉えることが大切です。

 

トライアンドエラーは、文字通り何度も何度も試しては失敗する行程を繰り返すため、失敗が積み重なることで自信を無くしてしまいます。

 

自信がなくなると、トライする気が無くなりトライ数が減ってしまいます。

またトライの途中で投げ出してしまう可能性が高まります。

 

よって、常にポジティブに捉えることを大切にしましょう!

 

トライアンドエラーを継続するコツは、エラーでへこまないことです!

 

 

⑤自分のビジョンを常に胸に秘める

自分のビジョンを常に胸に秘めることが大切です。

 

トライアンドエラーを繰り返すということは、数多くの失敗を積み重ねるということです。

 

失敗を乗り越えるためには

「自分は何のためにこんなにトライしているのか?」

 

「なぜ数多くの失敗をしてでもあきらめずに進んでいるのか?」

この質問に答えられる自分なりのビジョンを常に胸に秘めておくことが大切です。

 

ビジョンは、あいまいな言葉ではなく具体的な言葉かつ数字化することで、より明確にしておくことが重要になります。

 

※ビジョンについては、下記の記事にて詳細にまとめていますので、ぜひ参考にして下さい。

【チームビジョンの具体例を紹介!】チームを導く究極のビジョンとは?

 

自分のビジョンがしっかりしている人はぶれずに前へ進めます。

 

 

⑥走りながら振り返る

走りながら振り返ることが大切です。

トライアンドエラーを効率的に進めるためには、とにかく考え過ぎて立ち止まらないことが重要になります。

考えることは重要ですが、一度立ち止まってしまうと次に動き出すのが難しくなります。

 

車が走り出しに最もエネルギーを消費するのと同じで、

人間も走り始めが最も精神エネルギーを消費します。

 

よって、立ち止まって考えるのではなく、走りながら振り返って考えることが大切です。

 

分からない事でもとりあえず飛び込んでしまう勇気!これからの時代は、このスタイルがめちゃくちゃ強い!トライアンドエラーも捗ります!

 

 

⑦個人ではなくチーム全体でトライアンドエラーを進める

個人ではなくチーム全体でトライアンドエラーを進めることが大切です。

ドリームキラーといって、相手の語る夢や目標をすぐさま否定してくる人がいます。

 

「その挑戦は実現できないと思うよ。」

 

「そんなこと誰も望んでいないよ。」

このように、個人でトライアンドエラーをしようとしても、周りから反対されて意欲が削がれてしまいます。

さらに、そもそもトライする機会を与えられなかったりもします。

 

そのため、個人だけでトライアンドエラーするのではなく、チーム全体でトライアンドエラーを進めることが重要です。

 

トライアンドエラーする当事者としてドリームキラーを巻き込んでしまいましょう。

 

ドリームキラーはあらゆる場所にいます!要注意ですよ!

 

 

⑧小さな成功体験を積み重ねる

小さな成功体験を積み重ねることが大切です。

 

先ほど述べた通り、トライアンドエラーは失敗を繰り返すので、自信を無くしやすいです。

自己肯定感を保つためにも、大きなトライばかりではなく、小さなトライも行い、成功体験を積み重ねておくことが大切になります。

 

成功体験を積み重ねるということは、勝ち癖を身に付けるということにもなり、成功パターンを敏感に嗅ぎつける力を養うことにもつながります。

 

失敗ばかりじゃ、自分を信じられなくなります。たとえ小さくとも、成功する感覚を何度も味わっておきましょう。

 

 

⑨上司やリーダーが共に振り返る

上司やリーダーが共に振り返ることが大切です。

 

担当者は、知識も経験も不足しています。

そのためせっかく良いトライをしても、効果的な自己フィードバックが得られないことがしばしばあります。

 

よって、知識や経験が豊富な上司やリーダーが共に振り返ることが大切になってきます。

 

上司やリーダーは積極的に部下のトライアンドエラーにフィードバックをするべきです。

 

一方、部下は自分のトライアンドエラーに上司やリーダーを巻き込むことで、質の高いトライアンドエラーができます。

 

積極的に他者を巻き込んで行きましょう!個人では限界があります。

※周りを巻き込む力を高める具体的な方法については、下記の記事にて詳細にまとめていますので、ぜひ参考にして下さい。

【台風の目になれ!】周りを巻き込む力を高める超実践的な8の極意!

 

 

⑩反省点はチームでシェアする

反省点はチームでシェアすることが大切です。

 

たとえば、

失敗しちゃった。

あ、俺も同じ失敗しちゃった。てへ。

このように、Aさんが失敗したことと同じ失敗をBさんがするのは本当にバカらしいことです。

 

よって、個人ではなくチームメンバーが同じ失敗をしないように、反省点はチームでシェアすることが大切です。

また、チームでシェアすることで自分の記憶に刻まれやすくなり、個人がまた同じ失敗をする可能性も下げることができる効果も見込めます。

 

トライアンドエラーで同じエラーを繰り返すのは愚の骨頂です。恥ずかしがらずに失敗をシェアすることはめちゃくちゃ大切です!

 

 

トライアンドエラーを超効率化する10の秘技まとめ

それでは最後に、トライアンドエラーを超効率化する10の秘技についてまとめておきます。

 

①フィードバックはすぐに行う
 
②仮説を立ててからトライする
 
③可能な限り数値化する
 
④常にポジティブに捉える
 
⑤自分のビジョンを常に胸に秘める
 
⑥走りながら振り返る
 
⑦個人ではなくチーム全体でトライアンドエラーを進める
 
⑧小さな成功体験を積み重ねる
 
⑨上司やリーダーが共に振り返る
 
⑩反省点はチームでシェアする

 

※本記事をブックマークし、ぜひ定期的に振り返って下さい。何度も読み返すことで必ずあなたの仕事力向上の手助けになれると確信しています。ブックマークをおすすめします。

 

※本記事が少しでもあなたのお役に立てたなら、下記のシェアボタンで、ぜひ本記事をみんなにもシェアしてあげてください。

ー以上ー

仕事・人生の悩み
かつひろをフォローする

 

かつひろ
かつひろ

最後まで読んで頂きありがとうございます!👆のSNSボタンで、ぜひ本記事をみんなにシェアしてね!

あなたを一流ビジネスパーソンにする最強の学びのツール!

【私かつひろもがっつり学びました!!】

グロービス学び放題は、グロービスが提供する動画学習のサブスク(定額制サービス)です。

なんと最初の7日間は無料!

・ビジネスについて学べる動画が2700本、300コース見放題。

・あらゆる分野を網羅的に学べる。

・1動画3分のものもあり、いつでもどこでもスマホで気軽に学べる。

・月々の料金はビジネス書1冊程度と、安い(後述)。

あなたを一流ビジネスパーソンにする最強の学びのツールです!

リーダーバイブル〜2025年も活躍できる!超実用的リーダーシップ〜

コメント

タイトルとURLをコピーしました