【部下育成のためのリーダーシップの極意】面談術を超具体的に教える

About Author
広告20200531




部下育成のための面談術の極意

「部下育成が上手くいかない。どうすればいいの?」

このように、部下育成について悩んでいるリーダーの方々は多いでしょう。

部下育成の成否は、部下とリーダー(上司)の面談にかかっていると言っても過言ではありません。

「じゃあ、部下育成のために面談をしようと思うんだけど、どうすればいいの?」

そうですよね、部下と面談と言われても、リーダー経験が浅い方は、どのように面談すればいいか分かりませんよね。

そこで本記事では、部下育成のためのリーダーシップの極意である面談術を、超具体的に教えます。

面談術について、ステップ毎に分けてご説明しますので、理解しやすいです!なので、安心して学んでいきましょう!

リーダーシップを発揮する部下育成のための超面談・面接術とは?

それでは、リーダーシップを発揮する部下育成のための超面談・面接術について解説していきます。

Step1.部下と信頼関係を構築する

面談を始める前に、まずは部下との信頼関係を構築しましょう。

信頼関係がないまま面談しても、全く本音で話すことはできないので、意味がない面談となる可能性すらあります。

それほど、部下との信頼関係の構築は重要なんです。

部下との信頼関係を構築するには、普段から下記内容のフリートークをしてみましょう。

フリートークの例

・雑談する(趣味、家族、休日の過ごし方など)

・仕事の進捗を聞く

・褒める(仕事ぶり、スキル、努力など)

・愚痴を傾聴する(公私ともに)

きっかけは何でも良いので、色々と取り留めもない話をする機会を設けましょう。

雑談ネタが思いつかない方は、下記の記事にて詳細にまとめていますのでぜひ参考にしてください。

【超具体的な雑談ネタ一覧】会社で使える五十音ネタ帳で雑談が上手くなる

【最強の雑談質問のネタ一覧表】日常で使える五十音ネタ質問帳

面談は、面談前から始まっています!日頃から信頼を積み重ねておきましょう!

Step2.部下に現状把握した内容を報告してもらう

信頼関係が構築できたら、次は部下の現状把握を行いましょう。

部下の現状把握は、リーダーであるあなたが主体的に行うのではなく、部下自身に行ってもらいましょう。

現状把握する項目の例をご紹介します。

現状把握の項目例

・担当業務の進捗

・身に付いたスキル

・必要だと感じているスキル

・体調(肉体的・精神的ともに)

・・・etc

思った通りに正直に、紙に書いてもらったりパソコンで入力したデータをもらいましょう。

部下が現状把握をしっかり行うことが大切です。そうすることで、自分事として捉えることが出来るようになるからです!

Step3.部下の悩みの抽出

Step2.で現状把握した内容から、部下の悩みを抽出していきましょう。

一例として、

悩み「プレゼンの機会が多いのに、上手くプレゼンできない。」

と部下が悩んでいるとします。

上記悩みを持つ部下に対して、具体的な様々な手法でサポートする方法を示します。

ティーチングとは?

リーダーが部下に、必要な知識やスキルを教育することです。

一例「プレゼンが上手くいくためには、まず簡潔に伝えたいメッセージを絞ろう!」

 

モデリング

リーダーがまず実際に手本を見せ、その後部下にやらせてみることです。

やらせた後、部下に

「やってみてどう感じたか?」

など聞き、振り返りさせることが大切です。

一例「さっきの俺のプレゼン、どうだった?次は君がやってみよう!やった後、感想聞くからね!」

 

アドバイス

部下に、自分の経験や知識から導いた気付きを与えることです。

一例「プレゼンの時に、スライドばかり見てたよ!もっと聞き手を見るようにしよっか!」

コーチング

リーダーが部下に質問し、部下自身に考えさせることです。

部下にある程度スキルなある場合は、コーチングを試してみましょう。

一例「プレゼンのどこが上手くいっていないと思う?どのようにしたら上手くいくんだろうか?」

 

メンタリング

傾聴の姿勢で、まずリーダーは部下の話を聞きます。

部下の話をしっかり聞いた後で、人生の先輩として、アドバイスを送ります。

一例「俺もプレゼンが苦痛でたまらない時期があったな~!その気持ち、よく分かるよ!俺がプレゼンを克服できたのはね・・・。」

 

カウンセリング

メンタリングよりも部下に寄り添い、共感しながら話を聞いてあげます。

心の奥深くまで踏み込むことも多いので、お互いの信頼が必要となります。

カウンセリングに関しては、会社によって専門の担当者がいる可能性もありますので、専門家に任せた方が良い場合もあります。

一例「ウンウン、なるほどね。君がどれだけプレゼンが苦手なのか分かった。すぐに俺も気付いてあげられなくてごめんね。まだ話しておきたいことある?なんでも聞くし、相談に乗るよ。」

このように、部下の悩みをしっかり抽出しましょう。悩みの無い部下なんて、よっぽどいませんので、しっかり相談に乗ってあげることが大切です。

Step4.部下の目標を一緒に立てて共有化

部下の悩みを抽出できたら、今度は部下の目標を立てましょう。

部下の悩みを解決できるような目標を立てられると良いでしょう。

例えば、、、

悩み「通常業務の割合が多く、同じ仕事ばかりで飽きた」

目標「仕事の改善点を自ら見つけ、通常業務に割く時間の割合を今より20%減らす」

というような目標を立てると良いでしょう。

他にも、部下の目標を一緒に立てて共有化するために使える視点を下記します。

部下の目標を共有化する視点の例

・目標や憧れとする先輩社員を見つけさせる

・自身のなりたい姿を明確化させる

・必要なスキルや知識を明確化させる

・上記で決定した目標のスケジュールを作成させる

特に、同じ職場に目標や憧れとする先輩社員がいる人は、会社を辞めにくくなります。

「あの人のようになりたい!」

という人がいると、職場の離職率低下にもつながりますので、ぜひ一緒に目標や憧れとする先輩社員を見つけてあげましょう。

目標とする人が同じ職場にいるのが理想的ですね!

Step5.部下の具体的アクションの決定

Step4.で作成した目標を、より具体的なアクションに落とし込んでいきましょう。

このStepどれだけ具体的に細かいアクションに落とし込めるかで、部下の育成の成否が決まると言っても良いでしょう。

このStepを考えるヒントとなる視点を、下記しておきます。

具体的なアクションを決める切り口

・何が目標達成の問題点となるか考えさせる

・問題点を取り除く方法を考えさせる

・リーダーがしてあげられる支援を考える

・必要に応じて研修の受講を決定する

・進捗報告の頻度と時間を決定する

・次回面談日を決定する

部下の育成のための面談は、一度やって終わりでは効果が薄いです。

なので、時間は短くても良いので、定期的に面談することが大切です。

例えば、毎週金曜の15時〜1520分までと、進捗報告の頻度や時間を決めておくと良いでしょう。

Step6.業務実行

立てた目標やスケジュール通りに、業務をこなしてもらいます。

また、Step5.で定めた頻度を守り、定期的に進捗を報告させましょう。

リーダーとして部下を支援しながら、次回面談日まで、業務を進めながら部下を見守ります。

Step7.フィードバック面談

Step5.で定めた面談日に、部下と面談しましょう。

ざっくばらんに話せば良いですが、私が良く話す内容を、参考までに下記しておきます。

フィードバック面談の内容の例

・今までやったことなどの進捗報告

・上手くいったこと、いかなかったことの報告(なぜ?という原因も含めて)

・部下の新たな悩みを抽出する

・必要に応じて、スケジュールやアクションを変更する

順調に進捗していれば、そのまま引き続き業務をこなしてもらえばよいでしょう。

しかし能力の低い部下などは、なかなか上手く進行しないことも多いです。

その場合は、

「なぜ上手くいかないのか?」

ということを一緒に考え、対策案を練る必要があります。

また、目標が高すぎたり、立てたスケジュールが非常に厳しい場合もあります。

その場合は、目標を少し低くしたり、スケジュールを見直す必要もあるでしょう。

必ずしも立てた目標通りに進めなくても良いので、部下に合わせて、柔軟に対応しましょう!

リーダーシップを発揮する部下育成のための超面談・面接術まとめ

それでは、リーダーシップを発揮する部下育成のための超面談・面接術についてまとめておきます。

Step1.部下と信頼関係を構築する
 
Step2.部下に現状把握した内容を報告してもらう
 
Step3.部下の悩みの抽出
 
Step4.部下の目標を一緒に立てて共有化
 
Step5.部下の具体的アクションの決定
 
Step6.業務実行
 
Step7.フィードバック面談

面談や面接は下準備が大切!そして面談や面接は部下の育成に必須

以上の通り、部下の育成に欠かせない面談術について、詳細にまとめました。

面談は、その場で行き当たりばったりの質問をしても、効果は薄いです。

しっかりと事前準備することで、部下の育成に有効な面談ができるようになります。

本記事の内容通りに面談を準備して実践すれば、質の高い部下の育成が可能だと考えます。

※初めは上手くいかないと思いますが、面談術は実践の中で磨かれていきますので、まずは実践あるのみです。

ぜひ実践してみてください。

あなたの部下の育成が上手くいくことを願っております!さあ、がんばっていきましょう!

※本記事をブックマークし、ぜひ定期的に振り返って下さい。何度も読み返すことで必ずあなたの仕事力向上の手助けになれると確信しています。ブックマークをおすすめします。

※本記事が少しでもあなたのお役に立てたなら、下記のシェアボタンで、ぜひ本記事をみんなにもシェアしてあげてください。

ー以上ー

この記事が役に立ったら
【👆のSNSボタンでシェア】
してくれると嬉しいです。

👆Amazon オーディブルは本当におすすめ!
【本を聴く】ような新しい体験に次々とチャレンジできる人は、まじで伸びます。